オーミー!フォーユー!

皆さん、こんにちは!オーミー・フォー・ユーです。
今回も滋賀支部レーサーのお勧めグルメスポットをご紹介します。
前回は湖国滋賀ではありながら、Mr.ローリングシース守田俊介選手お勧めの
回転寿司”北海道廻転寿司 なごやか亭”をご本人の肝いり画像を交えてご紹介いたしましたが、
やはり近江の国、まず脳裏に浮かぶのは牛肉・・・、近江牛ではということで、
127期生の女性レーサー清水未唯選手お勧めのお店、滋賀は守山市に在ります“近江牛焼肉 結(むすび)”をご紹介いたします。
守山市出身の清水選手は特別な日にご家族連れで来られるそうで、
お友達もこちらのお店でアルバイトをしているというご縁のある場所。
「お勧めの近江牛が食べられるお店は?」という質問に迷いなくここを紹介していただきました。

地元の焼肉ファンをうならすだけではなく、他府県からもその評判を耳にして訪れるというこのお店。
有難いことにJR守山駅西口から徒歩1分の所にあります。これは大阪方面から足を運ぶにしても好都合ですね。

2017年の12月にこちらに移転されたのですが、かつては守山銀座商店街としてにぎわい、
今では駅近なのに静かで落ち着いた街並みの一角です。
明治17年築の由緒ある洋館のこのお店に、両隣は古民家風のお家が並び、大正レトロを感じさせる不思議な空間ですね。

そしてお店の玄関の扉を開けると格子戸があり、そこをくぐれば石畳。建物の古き良き趣を残しながらも、
そこを敢えて活かしながら苦労に苦労を重ねて丁寧にリノベーションしたと、オーナーであり代表の中島さんが語る店内は、
石畳脇の個室主体のプライベート空間に、奥はグループでわいわい楽しめそうなテーブル席。
さらに大人数でもいけそうな中2階のテーブル席。
家族連れや少人数のグループ、カップルにも喜ばれそうな、もちろん接待でも重宝しそうな様々なスペースが用意されています。

それでは事前に予約を入れていた掘りごたつ席の個室で、A4・A5ランクの厳選された近江牛を味わいましょう。

コースからアラカルトまでメニューは豊富ですが、ここは清水選手お勧めでもあり、
このお店一番の人気メニューである、その日その日のお勧め部位を盛り合わせてくれる極上7種『今宵限り盛』をいただきましょう。

この日はカルビ、たてバラ、カメノコ、ササバラ、ヒウチ、焼きしゃぶ、丸芯の7種です。
店員さんの焼き方、焼き加減の丁寧な説明を聞いて、いざ焼き肉、、、とその前に、結の隠れ名物、特製味噌でいただく生キャベツ。
この味噌だれは最高です。食欲をそそるというか、胃をサッパリさせてくれるというか、ビールに合うというか、とにかく絶品です。

さて、本日の主役となります、その日のお勧めとれとれの7種部位の盛り合わせ“今宵限り盛り”ですが、
人数や食べる量によって2枚切り、3枚切り、4枚切りをセレクトできます。
さらに親切なのがそれぞれのお肉の名札に◎、☆の印が添えられています。◎はしっかりと焼いてください。
☆はサラッと焙(あぶ)る程度に焼いてくださいというお店からのメッセージです。
可愛らしいスタッフさんから丁寧に、ハキハキと説明していただけるので安心です。

それでは、何からいきましょうかということで、まずは近江牛の魅力のひとつである脂の甘さを味わいましょう。
たてバラをしっかりと焼いていただきます。

タレで味わうもよし、特製のクリスタルソルトで味わうもよし、そこにワサビを少々加えれば甘さがさらに引き立ちます!!!
ワサビと甘ダレの相性も良いですね~。歯ごたえも抜群でした。
そして、今度はアッサリと焼きしゃぶ→ヒウチ→丸芯を次々に平らげ、あっという間に今宵限り盛を完食。
まだお腹に余裕があると踏み、さらにせっかくここまで来たのだからという思い切りもありで、
気になる大判ネギタン塩と厚切りタン塩をオーダー。
これがまた絶品で、滋賀県下で近江牛のタンを厚切りで提供してくれるお店は決して多くはありません。
それも程よい脂分のタン中の部位を食べられるのは幸せの極み。しっかりと味わわせていただきました。

そのほかにも炙(あぶ)りユッケや幻のタン刺しに、サイドメニューの近江牛ホルモンラーメン。
デザートの幸せカタラーナなど、気になるメニューが目白押し。近江牛の全てを、
そして滋賀県産のお米に野菜といったご当地の味をふんだんに味わえます。
滋賀の魅力の全てを味わうことのできる貴重なお店が、この“結(むすび)”なのです。
JR守山駅から徒歩1分の駅近で電車使いなら言うことなし。
ただし、お店の専用駐車場はございませんので、お車でお越しの方はご注意くださいね。

ボートレースびわこにお越しの際は、ぜひ一度足を延ばしてみてはいかがでしょうか?
今回は清水未唯選手お勧めの“近江牛焼肉 結(むすび)”をご紹介いたしました。

バックナンバー

No. 発行日 タイトル
第19回2021/11/10姉川周辺から小谷城跡
第18回2021/08/25大溝城跡探訪
第17回2021/03/01安土城跡探訪
第16回2021/01/29長浜歴史旅
No. 発行日 タイトル
第15回2020/12/31坂本歴史旅2
第14回2020/10/30坂本歴史旅
第13回2020/01/24【4828 松山将吾】信楽
ページトップへ