レース展望

GⅢGⅢオールレディース ビーナスちゃんカップ

2022/10/17~2022/10/22

香川素子が新女王の存在感示す

  • 3900香川素子(滋賀)
  • 4190長嶋万記(静岡)
  • 3618海野ゆかり(広島)
  • 3188日高逸子(福岡)

女子バトルの中心を務めるのは香川素子だ。現在はA2級ながらも、8月のまるがめレディースチャンピオンではデビューから26年目にして悲願のG1初制覇。〝新女王〟の存在感を見せつけて5回目の地元Vへ突き進んでいく。今回こそはびわこ初Vといきたい長嶋万記、ともに当地ではV2の実績を残す海野ゆかりと日高逸子、さらには魚谷香織、堀之内紀代子、廣中智紗衣、土屋南らA1級の面々はもちろん有力なV候補だ。A2級では松本晶恵が当地とは好相性。その松本を含め、岩崎芳美、金田幸子、宇野弥生、三浦永理らもG1、G2タイトルホルダーの手腕を駆使してV争いに加わってくる。中里優子、浜田亜理沙、藤原菜希、西橋奈未らも今期(5月以降)の勝率面ではA1ペースなだけに、主役の座を奪う場面は十分ありそうだ。

Pick UP!今期快ペースが一転、事故率ギリギリに

4627藤原菜希(東京)

藤原は2月の戸田男女混合戦、5月若松、7月三国の女子戦を制して今節メンバーでは最多の今年V3をマーク。今期勝率(5月以降)も7.08と自己最高ペースの航跡を刻んでいる。ところが9月下旬の戸田一般戦で落水、妨害、Fと3走連続の事故。事故率が一気に跳ね上がり、その時点で0.72に。今期ラスト走の今節、なんとか事故率を0.70以下に下げないと一転してB2落ちの危機だ。来年1月には5期ぶりのA1復帰を無事に迎えたい。3年7カ月ぶりの参戦となる当地で、まずは無事故での初優出をめざしてほしい。

※2022/09/26 現在の情報

全国過去3節成績

開催期間競走タイトルボートレース場節間成績
2022/10/04~ういちの江戸川ナイスぅ~っ!カップ江戸川5 164 1 L 31      
2022/09/23~第1回漫画アクションカップ戸 田3 6落妨F1           
2022/09/05~GⅢオールレディース 江戸川女王決定戦江戸川51  253113[6]       

※2022/10/16 現在のデータ

ページトップへ