レース展望

一般選手会会長賞争奪 2019年末ファイナル

2019/12/26~2019/12/31

大阪&兵庫勢がV争いの中心

  • 4719上條暢嵩(大阪)
  • 4290稲田浩二(兵庫)
  • 4659木下翔太(大阪)
  • 4397西村拓也(大阪)

大阪&兵庫支部の実力派の面々が激しいV争いを繰り広げそう。その中でも上條暢嵩は4月の下関ダイヤモンドカップ、稲田浩二は9月の戸田63周年記念と今年に入ってともにGⅠ初戴冠。特に稲田は本領S攻勢の切れ味が倍増するのがこのびわこ水面だ。特別タイトルこそ手にしていない木下翔太、西村拓也だがGⅠレベルの実力の持ち主であるのは周知の通り。ともにびわこ連覇を狙う立場だ。7点台の前期勝率(5~10月)をマークした〝最強のB2戦士〟金子龍介も忘れてはならない存在。松本勝也も持ち前の俊敏ハンドルを駆使してV戦線に加わってくる。これら大阪、兵庫支部以外では塩田北斗、原豊土、梶野学志が来年1月からA1復帰。地元勢では佐竹恒彦に期待が懸かる。

Pick UP!当地初VでA1復帰に弾みをつける!

4131原豊土(静岡)

原は6.30の前期勝率(5~10月)をマークして来年1月からは3期ぶりとなるA1返り咲きを果たす。通算V10のうち当地でのV歴こそないものの、最近4節では全て予選をクリアして3回のファイナル進出。つねにV争いを演じる活躍を見せる好相性の水面だ。A1ランカーとして迎える2020年。大きく弾みをつけるためにも、今回こそはびわこ初Vを手 にしたいところだ。

※2019/12/04 現在の情報

全国過去3節成績

開催期間競走タイトルボートレース場節間成績
2019/12/13~チケットショップ栄開設4周年記念競走常 滑421 421321        
2019/12/04~オラレ田布施開設3周年記念 ニッカン・コム杯徳 山13241 4412[2]       
2019/11/22~第23回三国競艇大賞三 国311 464416        

※2019/12/25 現在のデータ

ページトップへ